Education

戻る

藤里 央さん

戻る
実習に備えて、
実技の自主練にも
真剣に取り組んでいます

保険会社で商品開発を担当していた際、商品設計などには医療分野の専門知識が必要だと痛感し、入学を決めました。ヘルスイノベーションスクールでは、歯の健康を守る「予防歯科」の分野を研究しています。予防歯科は未病という面からも重要で、日本での成長の可能性を感じるようになりました。大学では文系でしたが、学びながらサイエンスの考え方が分かるようになってきました。個人の歯に関する情報も、データ活用方法を学んだことで、より有効なデータが構築できると考えています。未病にかかわる産業をつくるうえでも、エビデンスをベースにすることが大きな軸になると考えています。

 

ヘルスイノベーションスクールに実際に通学し、2年間、一緒に勉強してきた仲間は、自分にとっての財産です。また、学生数に対して教授陣の数が多く、教授陣に思う存分、頼ることができる点も心強かったです。教授陣はいろんなバックボーンを持ったスペシャリスト集団で、実際に入学してから、その分野の超スペシャリストだったということがわかるなどしています。ぜひ信じて飛び込んでもらっていいと思います。将来、「国民の口腔の健康を守る」という視点から、もっとエビデンスビジネスを展開していきたいです。

前のページに戻る